03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

攻めのスキンケア☆

2009.12.19 (Sat)

こんばんわ!
西新町二丁目クリニック 美肌再生部門の斎藤(♀)です☆
NEC_0007.jpg


すっかり冬本番になり、毎日寒いですね?。空気も一段と乾燥してきました。

空気が乾燥すると、当然、皮膚も乾燥します・・・・。

お顔の皮膚が乾燥すると、皮膚表面に細かい浅いシワ、いわゆる”ちりめんジワ”ができてしまいます(;_;)。

特に、皮膚の薄い、目元、口元に出やすいので、この時期は保湿をしっかりし、

特にこの部分を重点的に保湿してあげるといいです☆


さて、シワにはいくつか種類があります。

↑のちりめんジワの他に、

表情ジワ、真皮のシワがあります。

表情ジワとは、笑ったり、困ったり、怒ったり、顔の表情に合わせて出てくるシワで、表情が戻れば見えなくなります。

真皮のシワとは、表情ジワが加齢とともに消えなくなり、残ってしまったものをいいます。

真皮のシワの原因は、紫外線の影響や、加齢による真皮のコラーゲンの減少です。。。。

20代後半から、真皮のシワは出始め、

真皮コラーゲンが急激に減少する30代後半から閉経期にかけて増えていきます。



真皮のシワは、消すことが難しくなります。

ということは、「シワ」にも「予防」が大事なんですね☆


「シワの予防」には、保湿と紫外線対策といった基本のスキンケアに、

さらに20代後半からは「攻めのスキンケア」が必要になります。

先程書いたように、「真皮のシワ」は、深くなるとなかなか消せないのです・・・。


エイジング対策の具体的内容としては、

1.定期的なピーリングで、お肌のターンオーバーを整える

2.レチノール配合美容液などの化粧品だけでなく、レーザー、光治療器で、お肌のハリを保つ

3.ボトックスによって表情ジワを作らないようにする

などがあります。

以上のようなものを、数か月単位(年に数回)で定期的に行っておくと、

5年、10年先の皮膚が、何もせずにきた皮膚に比べて、

明らかに若く、健康的な美肌でいられるのです。


「真皮のシワ」は深くなると、消すことが難しくなります。

浅いうちに処置をすること、

そして、真皮のシワを作らないための、「攻めのスキンケア」をお勧めします☆

(とはいっても、深いシワを浅くすることはできますので、目立ちにくくすることはできますのでご安心を(^v^))


あなたと家族の笑顔のために・・・
nishi 
shinmachi
nichome  
clinic
1F| 内科 | 循環器内科 | 予防医療センター|メタボ・生活習慣病を無理なく一緒に改善しましょう!
2F| 皮膚科 | 美容皮膚科 | 皮膚科専門医だからできるこだわりの美肌再生!

2010年5月 徳島市西新町二丁目 NTT横 小大丸跡地に開院予定!!
地図

西新町二丁目クリニック
皮膚科・美容皮膚科部門
斎藤 美菜子


23:38  |  めざせ美肌!美容皮膚科☆  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nishishinmachi2.blog63.fc2.com/tb.php/95-9c0bb6a0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。