10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

靴の選び方☆

2009.12.08 (Tue)

こんばんわ!
給湯器も新しくなり、親子で「お湯が出るってシアワセだねぇ?」とお風呂でゆっくり温まってきた、西新町二丁目クリニックの斎藤です(^v^)。
NEC_0007.jpg

以前、このブログに巻き爪と陥入爪の原因で一番多いのは「靴が足に合っていない」と書いたところ、

患者さんより「では、どんな靴が良いのですか?」とご質問を頂いたので、

今日は、靴の選び方についてご紹介します☆


☆靴選びのポイント☆

?トウボックス(靴の先)に余裕があり、すべての指が当たらず、動かすことができる。

?靴底の先が少し丸くなっている。

?ひも靴、あるいはマジックテープなどで足の甲をしっかり固定できる。

?ヒールの面積が広く安定感がある

?ヒールカップがしっかりとしている

?インソールが足の形とあっている

ということが基本になります。

そして、踵(かかと)をピッタリ合わせて、ひもをきっちり結んだ状態で、トウボックスに指が当たらない程度に余裕があるものがちょうど良い大きさです。

・・・でも上記のポイントを総合してみえてくる靴は、明らかにハイヒールやミュールなどのおしゃれな靴ではないですよね。

そうなんです。

残念ですが「歩きやすい、足に合う靴」で「オシャレな靴」というものは、基本的に無いのです。

ですから、

「履き分け」ることが理想的です。

歩いたり、車の運転したり、移動のときは、きちんと足に合った靴を履き、

デートやオシャレな場所に入るときには、その場にあったオシャレな靴に履き替える・・・。

・・・・そうはいってもなかなかできることではありませんが(^_^;)。

でも、ハイヒールや足に合っていない靴で歩き続けることは、外反母趾、巻き爪、陥入爪を引き起こすだけでなく、

骨粗鬆症や腰痛、関節痛など、全身に影響を及ぼしてきます。

ですから、自分の健康を守るためにも、正しい靴選びは、大事なことだと思います。

最近では、百貨店などに、どの靴が足にあっているかアドバイスし、選んでくれる、シューフィッターという資格を持つ販売員の方もいらっしゃいます。

自分ではわかりづらいと思いますので、靴を購入されるときには、靴売り場の方(できればシューフィッター)に、ご相談していただくことをお勧めします☆


あなたと家族の笑顔のために・・・
nishi 
shinmachi
nichome  
clinic
1F| 内科 | 循環器内科 | 予防医療センター|メタボ・生活習慣病を無理なく一緒に改善しましょう!
2F| 皮膚科 | 美容皮膚科 | 皮膚科専門医だからできるこだわりの美肌再生!

2010年5月 徳島市西新町二丁目 NTT横 小大丸跡地に開院予定!!
地図
西新町二丁目クリニック
皮膚科・美容皮膚科部門
斎藤 美菜子


22:37  |  皮膚科・アレルギー☆健やかな肌へ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nishishinmachi2.blog63.fc2.com/tb.php/87-6a653c74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。