05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

糖尿病患者の血糖状態、治療目標値を簡素化

2013.05.17 (Fri)

日本糖尿病学会は16日、

血糖状態を表すヘモグロビンA1cについて、

3段階の新たな治療目標値を発表しました。


6月から運用開始されます。


ヘモグロビンA1cは、

過去1~2か月の平均的な血糖状態を示す指標で、

糖尿病の診断・治療に使われます。

これまでの基準は、優・良・可(不十分・不良)・不可と5段階に分かれ、

複雑でわかりにくかったことから、

簡素化を図りました。

今回の改定では、

「糖尿病合併症を抑えるために推奨される治療目標」として、

7・0%未満を基本目標値とした。

食事療法や運動療法だけで達成可能か、

薬物治療中でも低血糖の心配がない場合は、

「副作用なく達成可能な場合の理想的な治療目標」として6・0%未満と定めた。

一方、「低血糖などの副作用が心配され、高齢などで治療を強化するのが難しい場合」には、

8・0%未満としました。

22:17  |  脱!メタボ・生活習慣病  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nishishinmachi2.blog63.fc2.com/tb.php/608-878b6aab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。