09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

警報

2009.11.07 (Sat)

こんばんわ!
西新町二丁目クリニックの斎藤です。

日ごとに新型インフルエンザの感染が拡大してきて、警報が出ている地域も増えてきましたね。

我が家の長男の幼稚園では先月末には学級閉鎖になったり、次男の保育園でも、2,3日前から休む子がでてきて、じわじわと迫ってきているのがよくわかります。

そんな中、やっと、今日から基礎疾患がある優先患者さんに対するワクチン接種が始まりました。
ホント、やっと、ですよね。
我が家の次男も喘息持ちなので、早速、接種してきました。

これで少しホッとしましたが、抗体ができるまで1週間かかるので、まだ気は抜けません。
子どもは抗体ができにくいので、2回接種が必要だし、基礎疾患のない子どもたちへの接種はまだ先・・・・

厚生労働省の調べで、新型インフルエンザによる入院患者の8割が14歳以下であることが分かったそうです。中でも5?9歳の割合が高く、全体の4割を占めるとのこと・・・。

厚労省も今日になってようやく、1歳?小学3年生の小児、小学4年生?中学3年生までの喘息などの基礎疾患のある小児の接種開始日を前倒しにすることを検討していると発表しました。

この対応の遅さ・・・どれだけの手続きが必要なのか知りませんが、もっと早く決断できないのでしょうか・・・

しかも、徳島では、各小児科クリニックでも今日から接種開始予定でしたが、県の手違い(手違いなんてあってはいけないことですよね)で希望していた量が届かず、今日接種できなかった医療機関もあったようです。

また、ワクチンは1瓶10mlで製造されていて、一度開けたら24時間以内に使用しないといけないのですが、小児には1回接種するのに0.2?0.3mlしか使わないため、約40人程度まとまって接種できないと、残った分を破棄しないといけなくなるのです。

なので、今日まとまった人数が予約されなかった医療機関では、接種日を遅らせたところもありました。

ただでさえ、ワクチンが不足すると言われているのに、破棄なんてできないですよね、、、

このように、現場は大変混乱しています。現場がいくら一生懸命対応しようとしても、国や県の対応がこれではどうしようもありません。

新型インフルエンザの感染が確認されてから半年・・・この秋から爆発的に流行するのは目に見えていました。
ワクチン製造は難しいものなのかもしれませんが、もう少し早いうちから対応していれば、重症になる患者さんも、命を落とす患者さんも、もっと少なくすることはできたはず・・・そう思ってしまいます。

厚労省の方には、できるだけ早く、子供たちみんなにワクチンを接種できるように、早急な対応をお願いしたいものです。。。
そして、今回のことを教訓に、新種のワクチン承認や流通方法など、系統立ったシステム作りをして、国民の健康を守れる日本にしていってもらいたいですね、、、


あなたと家族の笑顔のために・・・
nishi 
shinmachi
nichome  
clinic
1F| 内科 | 循環器内科 | メタボ・生活習慣病を無理なく一緒に改善しましょう!
2F| 皮膚科 | 美容皮膚科 | 皮膚科専門医だからできるこだわりの美肌再生!

2010年5月 西新町二丁目 NTT横 小大丸跡地に開院予定!!
地図
斎藤美菜子
01:39  |  新型インフルエンザ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nishishinmachi2.blog63.fc2.com/tb.php/56-96431f6c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。