06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

毛穴の開きにはどんな治療がいいですか? Part 2

2011.09.28 (Wed)

こんにちわ!

本日は「毛穴の開き」の治療について、第2弾!

昨日は、「毛穴の開き」の原因の1つ目、

「角化異常」を正常化させる治療についてご紹介しました。

2つ目の原因とは、「たるみ」です。

毛穴は、皮膚表面の開口部から、コラーゲンを含む真皮層までつながって

漏斗状になっています。

30代を超えてきますと、徐々に女性ホルモンが減ってくる影響で、

コラーゲン量も減っていきます。

そうなると、毛穴を支えている周囲のコラーゲンも減り、

開口部は、だらんと垂れ下がるようになってきます。

↓↓ 40代女性。これが、いわゆるたるみ毛穴です。
IMG_1759諡。螟ァ_convert_20110928124557
↓↓ 治療後☆
M.Y. フラクショナル

本来、毛穴は丸くあるものなんですが、

治療前は、たるみによって楕円形になっているのが

お分かりになると思います。

かつ、それらの毛穴が連なって見えるので、線状の小ジワのようにも見えますね。


それでは、この毛穴の開きを改善するためにはどうしたら良いでしょうか?

やはり、「真皮のコラーゲン量を増やす」必要があります。


では、どうしたら増やせるのでしょうか?

答えは、当院の人気施術の一つ である、

「美肌レーザープレミアム
(CO2フラクショナルレーザー+グロースファクター)」


です。

CO2フラクショナルレーザー、グロースファクターについては
↓↓↓↓をご参照ください。
CO2フラクショナルレーザー基礎編
グロースファクターについて
CO2フラクショナルレーザー実践編
CO2フラクショナルレーザーかさぶたについて



7回レーザー治療後の写真では、

線状に連なって見えていた毛穴が、一つひとつ、

キュッと丸く引き締まっているの
 がお分かり頂けると思います。

全体にお肌も白く透明感が出て、

眼の周りの小じわも目立たなくなってます(^_^)/

ホウレイ線も浅くなっていますね☆


このように、CO2フラクショナル+グロースファクターで、

真皮のコラーゲンを増やし、若々しいお肌に変えていくことができるんですね☆


ピーリング+グリシルグリシン

CO2フラクショナルレーザー
+グロースファクター


それぞれ、違った方向から、毛穴の開きを改善させてくれますので、

「毛穴の開き」諦めないで、ぜひご相談くださいね(^_^)


西新町二丁目クリニック
斎藤美菜子
18:50  |  美肌レーザー☆CO2フラクショナルレーザー☆  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nishishinmachi2.blog63.fc2.com/tb.php/431-a6f17828

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。