05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

むくんでいませんか?

2010.02.09 (Tue)

こんばんは!!
西新町二丁目クリニックの斎藤(♂)です☆

nsncマーク

今夜はむくみについてのミニレクチャーです(^o^)丿


むくみとは、手足や顔がはれぼったくなるようなことで、

医学的には「浮腫(ふしゅ)」といいます。
 

浮腫とは、皮下組織(皮膚の下)に水がたまった状態で、

例えばすねなどを指で圧迫する(押さえる)と、その痕(あと)がなかなかもどらないような状態の時は、

身体に正常な時の体重の5?10%以上の水分の貯留があるといわれています\(◎o◎)/!
 

浮腫が下腿(足のすね)に認めやすいのは、

水分が重力の関係で身体の下の方へたまりやすくなるからです。
 
今までのことをおおまかに言うと、浮腫は何らかの原因で身体に水分がたまった状態

と考えてよいと思います(@_@;)

 
それでは、浮腫の原因には一体何があるのでしょうか?

1:(心臓病)心不全に伴う心臓性浮腫。

2:(腎臓病)腎炎・腎不全に伴う腎性浮腫。

3:(肝臓病)肝硬変に伴うもので{肝性浮腫}、腹水を伴うことが多い。

4:(内分泌性浮腫)代表的なものに甲状腺機能低下症に伴う硬い浮腫があります。

5:(栄養障害性浮腫)食事が取れなくなり、血液中のタンパク質が低下した状態の時に起こります。

6:(薬剤性浮腫)まれに薬の副作用によることがあります。

7:(妊娠に伴う浮腫)

8:(特発性浮腫)上記のいずれでもない原因不明の浮腫。良性です。中年女性に多いです。

浮腫をみた時、様子をみてよいものかどうか、

すぐに治療する必要があるのかどうかの判断が大切になりますので、

気になる方は、一度かかりつけの先生にご相談下さいね!!


あなたと家族の笑顔のために・・・
nishi 
shinmachi
nichome  
clinic
1F|内科・循環器内科|予防医療センター|予防医療でイキイキ長生き!!
2F| 皮膚科 | 美容皮膚科 | 皮膚科専門医が提供するこだわりの美肌再生!

2010年5月下旬 徳島市西新町二丁目 NTT横 小大丸跡地に開院予定!!
地図

西新町二丁目クリニック
「最近、靴下の跡が気になるんだよなぁ・・・」 
斎藤彰浩
22:31  |  脱!メタボ・生活習慣病  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://nishishinmachi2.blog63.fc2.com/tb.php/129-0cf4ef49

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。